座右の迷

 

何故だか役場の総務課長になっていた

 

数年前に辞めたはずの役場だったのに

 

そんな夢を見た

 

・・・

 

ちりも積もればごみとなる

 

千里の道も一歩まで

 

ローマは一日にして終わる

 

思い立ったがやらない

 

危ない端を渡る

 

座右の迷 

 

石橋をたたいて暮らす

 

果報は寝てから

 

 ・・・

 

それでも

 

ちりも積もれば

 

夢の向こう側に空は広がる