bunbun-hの日記

お気楽ブログ

すみません、すみません

この半年ばかりは、まったく休みなしだったんです。 休日なんてものは、なかったんです。 ブラック個人事業主なんです。 なのでこのブログは放置したまま。 でも、ようやく仕事(農業&養蜂業)も落ち着いてきました。 「次は東京へ行くぞー!」・・・なんか…

次は東京へ行こう(八重洲口 その3)

ところで、今回の旅行の前に東京へ行ったのは2008年の8月のことで、今よりも8歳ほど若かった我々夫婦と長男との3人の旅行で、長男は中学生だった。2人いる子供のもう一方の高校生の長女は別行動であり、その長女の「別の行動」がそのときの旅行の目…

次は東京へ行こう・・・

なかなか東京駅から進むことができずに日にちばかりが過ぎていく。 近いうちに「その3」を書こうと思ってます。

次は東京へ行こう(八重洲口 その2)

そういうわけで今、東京駅の八重洲口に我々は立っている。 八重洲口には「銀の鈴」という、渋谷で言えば「忠犬ハチ公」のような待ち合わせ場所として多くの人に利用されているところがあって、思い起こせば今から36年も昔のこと、某私立大学の受験で上京し…

次は東京へ行こう(八重洲口 その1)

平成28年(2016年) 12月23日 女房と東京へ行く。正午前に到着して、東京駅の南側の出口である八重洲口から歩き始める。 次は東京へ行こうということになった。東京には大学時代を過ごした懐かしい土地がある。手元には東京上野の国立科学博物館の…

Habits of the Under Toad

録画していた「ガープの世界」を観たのだけど、学生時代に新宿の映画館で観終わってからも呆然となったままで帰宅した映画で、数年後に広島で2回目を観て、さらにジョン・アービングの原作を原書で買って英文なんで分からないままに3回ぐらい読んで、そし…

お気楽ブログにつき

このブログのサブタイトルは「お気楽ブログ」としている。 なにが「お気楽」かと言うと、書こうと思って書けたときだけに載せるブログだから、と言うことなのだろうと、さっき思った。 年末に女房と4泊5日の関東方面への旅行をした。 とても多彩でとても興…

山陰陰滅滅

ついにやって来た。 山陰の冬が。 山陰の冬は寒くて暗いのである。 その山陰の冬がついにその入り口をあけた。 これから春の出口に至るまでは陰陰滅滅とした長い日々を送らなければならない。 そんなことを考えながら風呂に入っていたら、よいタイトルを思い…

岡山へ、そしていくつかの奇遇のこと

12月10日(土)曇時々晴 岡山市に行く。夫婦2人の日帰り旅行。春からの思いがようやく実現する。 ところで、静岡県伊東市に重岡建治さんという彫刻家がいるのだけど、その伊東市には私のいとこも住んでいて、いとこはずいぶんと前から重岡さんには懇意…

今日の日記(オートマティスム:自動書記的な)

広島菜の出荷が終わった。全部で900kgほどだった。圃場準備でぎっくり腰になったり、その他にもいくつかの災難に見舞われたような広島菜の栽培だったけど、なんとか出荷までこぎつけることができた。たぶん肥料代と農薬代ぐらいは出ると思う。労賃はゼ…

あれあれこんなにたくさんの本を

あれ以来、自分のフェイスブックとツイッターはあの映画の紹介の場と化している。 その映画を観てからちょうど1週間が過ぎた昨日の日曜日に町のトレーニングセンターに行った。 この田舎町にも最新機器を装備したトレーニングセンターというものがあって、…

農業

広島菜の収穫が始まった。今日は3時間ぐらい掛けてたぶん100本ぐらいは切り倒したと思う。 この広島菜の写真を撮ったあとにピーマンの圃場に行ってみた。 7月の初めから10月の終わりまでの4ヶ月もの間、とてもたくさんの実を結んでいったピーマンの…

この世界の片隅に

11月26日 出雲市で映画を観る。 映画館で映画を観るのは何年ぶりだろうか。 いや、それどころかテレビなどでも最後に映画を観たのがいつのことだったのかさえ思い出せないぐらいだ。 若いころはたくさん観た。 映画を観るためだけに2時間以上かけて広島…