bunbun-hの日記

お気楽ブログ

思い出す

 

 

広島市の伯父の通夜・葬式に行く。

 

私の母の姉の夫がその伯父である。

 

だからそこは、血縁関係故に、私の子供の頃から今に至るまでずっと「伯父さんの家」ではなくて「ひろしまのおばさんの家」だった。

 

(そのおばさんもすでにもういない)

 

帰宅して風呂に入っていて思い出した。

 

気がつけば、それはもう40年も昔の話。

 

大学は3校の試験を受けた。

 

そのうちの2校は広島市で受験した。

 

どちらも、前夜には「ひろしまのおばさんの家」に泊まったのだが、朝食時に軽い吐き気がした。

 

これから始まる試験に緊張していたのだ。

 

そんなことを思い出した。

 

それから、別のことも思い出そうとしていた。

 

そして、思い出した。

 

たぶんこれも高2か高3の、大学受験より前のことだった。(と思う)

 

初めて1人でバスに乗って広島まで行って「ひろしまのおばさんの家」に泊まり、1人で街を歩き回って、映画館で外国の大人(成人・・・ではない)の映画を観た。

 

自分が暮らす島根の田舎町から一番近い都会が広島市であり、その都会へ1人で行くということと、その都会にある親戚の家が唯一「ひろしまのおばさんの家」だったということ。

 

そんなことを考える。

 

小さな子供のころから成長するまで(考えてみれば結婚する20代の終わりの頃まで)の間に、何度も「ひろしまのおばさんの家」に行った。

 

そして、また思い出そうとしている。

 

そのとき、そこにいた伯父さんのことを。

 

ずっと静かに。